ローンはオリックス銀行

気をつけたい金利の落とし穴

今日ペットが具合悪くて動物病院に連れていきたいんだけど財布に手持ちがない、数日後にはお金を返せるけど、それまで待っていたらペットの容体が急変するかもしれない! など、急にお金が切実に必要になって焦ったことは誰にでもあるでしょう。

 

そういったときに強い味方になってくれるのが即日融資をうたうキャッシングサービスです。ただ、気をつけていただきたいのが、表示される金利。一例ですが「4%~18%」という表示のキャッシングで、4%が適応されることはまずありません。上限の18%が適応されます。

 

ここでアレ?と思いの方もいらっしゃるかもしれません。「確か利息制限法が改正されて、上限金利が引き下げられたんじゃ……」と。はい、引き下げられました。100万円以上の出資に対しては。

 

それ以下の出資、具体的には10万円までの融資に対しては、上限金利は20%なのです。例えに出した18%は余裕でセーフになります。18%……相当な金利ですよね。そこでお勧めなのが、「○○日間無利息サービス」。

 

こちらのサービスがついている即日キャッシングを使えば、急な出費にも慌てることなく対応でき、すぐに返せば利息もいりません。最後にもう一つ気をつけて頂きたいのが、即日融資の即日とは一体いつまでなのか、ということ。多くの窓口においては、即日融資の打ち切り時刻は14:00前後と意外と早いのです。

 

融資が明日になっても構わない、という方は別ですが、即日だからこそ利用したんであって、明日入金なら利用しない、という方はしっかりといつまでに申し込めば本日中に融資してもらえるのかを確認してから申し込んでください。上手に即日融資を利用できる、賢い消費者になりましょう。